海外経済 投資

ハワード・マークス 【短信】インフレへの備え:ハワード・マークス
2020年4月16日

オークツリー・キャピタルのハワード・マークス氏が、インフレの懸念とそれに対する備えについて明かしている。


私は心配している。
理論上は、お金を刷りすぎると、それがインフレを引き起こす。

マークス氏がKorean Investorsのインタビューで、インフレへの懸念を漏らした。
ただし、同氏はいつも冷静沈着だ。
机上の空論で右往左往したりはしない。

「これまでのところ、政府の行動はインフレを引き起こしていない。
世界の多くの国がインフレを望んでいるのに、それを生じさせることができていない。
だから、私にはわからない。
長い間、たくさんの人がインフレについて間違ってきた。」

わからないものはわからないと自覚するのがマークス氏のやり方だ。
それを認めた上で、推測と現状の対応状況を明かしている。

私の推測では、インフレが起こると思う。
私はインフレについていかなる仮定も設けておらず、私たちの投資において何も行っていない。

もっとも、オークツリーの主戦場はディストレスト債。
そこにインフレを勘案する余地は大きくないのかもしれない。
また、ディストレスト債は投資時期にアップサイドが存在する(額面を大きく下回っている)ため、インフレに対抗する余地があるということかもしれない。


-海外経済, 投資
-,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。