海外経済 投資

【短信】インドは10年前の中国:マーク・モビアス
2021年11月15日

新興国市場投資の大ベテラン マーク・モビアス氏は、インドが10年前の中国のような局面にあるとし、インド投資に期待を寄せている。


私たちのポートフォリオで最も大きなウェイトを占めるのはインドと台湾だ。
インドにとても期待している。

モビアス氏がBloombergで、インド投資への自信を示している。

財政面での不安などから通貨(ルピー)の側に心配があるとはいえ、インド株が長期的に上昇してきたのは間違いない。
また、今後大きな成長が期待されている国でもあるのだろう。

BSE Sensex 30

モビアス氏は長い目で見る必要があるというものの、長期的にはとても良いパフォーマンスが期待できるという。

インドは今離陸しようする局面を迎えている。
おそらく10年前の中国のような局面だ。


-海外経済, 投資
-,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。