投資

【短信】これは力強い回復相場の調整:バイロン・ウィーン

ブラックストーンのバイロン・ウィーン氏が、最近の米国株市場の下げを「調整」と指摘し、今後の投資チャンスについて話している。


この売られはいくつかの失望(材料)をわずかに反映したものにすぎず、弱気相場の始まりではないと考えている。
これはせいぜい調整だ。

ウィーン氏がCNBCで、3営業日続いた米市場の下げについて長い下げ相場の始まりではないと語った。
同氏によれば、こうした「調整」は2つの点から市場で予想されていたという。

  • ネット株・FANG等は予想利益に対して目いっぱいの株価がついていた。
  • 直前10営業日中9営業日で上昇し、買われすぎだった。

ウィーン氏は今のところ今回の下げを「力強い回復相場」における「調整」と見ている。

ウィーン氏は今後のセクター/銘柄選択について、単純なグロースからバリューへの転換が起こるとは見ていない。
グロースがコロナ・ショックの恩恵を受けているとした上で、投資のチャンスはそれとは別のところ、コロナ・ショックで打ちのめされた分野にあると話している。

エネルギーは多分魅力的だろう。
もしも、運輸が最終的には回復すると信じることができるなら、その分野でリスクを取れる。
また、来年・再来年に状態が正常に戻ると仮定するなら、中間の分野、建設・素材株の中にとてもリズナブルな株価の会社が存在する。


-投資
-,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。