海外経済 投資

ウォール街 【短信】この一過性は長い一過性:クレディ・スイス
2021年7月9日

クレディ・スイスのジョナサン・ゴラブ氏が、足元の高成長・高インフレを一過性と見た上で、株価上昇を予想し、バリュー株を推奨している。


「今年の第2四半期は、1952年以降最も速いGDP成長を遂げた四半期になる。
基本的に、第2次大戦後のマーシャル・プランで欧州を復興して以来だ。
利益成長は、低かった前年と比べ61%増と予想されているが、私たちは75%と予想しており、もしも間違っている場合、楽観が足りなかった場合だと考えている。」

ゴラブ氏がCNBCで、強気予想を述べている。
同氏はブル、特にテクノロジー・セクターへの強気で有名なストラテジスト。
足下の「経済には火がついている」と米経済の現状を描写している。
経済・市場が大いに好調であることが、逆に、人々に疑問を投げかける。

これに対する疑問は、何が次に来るのか、インフレはどこに行ったのか、経済成長はいつまで続くかといったことだ。・・・
わかっているのは、1年後にはこの水準の経済成長ではないこと。・・・
また、インフレは一過性であり、永遠には続かない。

ゴラブ氏は、現状とるべき投資戦略を整理している。

経済がより鈍化すると信じる場合
「グロースに投資すべきだ。
テクノロジーにローテーションして戻るべきで、最近金利低下とともに起こってきたことだ。」

力強い経済成長がしばらく続くと信じる場合

バリューに投資すべきだ。
私はこちらの意見だ。
現在の状況は一過性のものだが、長い一過性だ。
6か月か18か月かわからないが、もうしばらく美味しい時期が続くだろう。

テクノロジー・セクターに対する強気で有名なゴラブ氏が、今はまだバリュー株を推奨している。

成長継続シナリオにともない、ゴラブ氏の推奨セクターは金融、エネルギー、一般消費財。
年末のS&P 500予想は4,600ドル。


-海外経済, 投資
-

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。