海外経済 投資 政治

【短信】この〇〇話をやめてくれ:ジェイミー・ダイモン

JPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOが、執拗なCNBCの質問攻めに対し放送禁止用語を吐いて現場を笑わせた。


「すべて素晴らしいと考えるのは誤りだ。
株式市場が上がっていて、みんなドラッグのような感覚になっている。
『ただただ素晴らしい。』
でも、こんなに強力な財政・金融刺激策が講じられているんだ。」

ダイモン氏がCNBCで、現在の経済環境について「すこし慎重」な姿勢を示した。
地政学的リスク、量的引き締め、政治などの動向が予断を許さないためだ。

ダイモン氏は1980年に債務対GDP比率が35%だったのが現在は100%になっていると指摘。

「今は好景気だ。
この(財政)支出が効いているように見え、もちろん心地がよい。
政府、中央銀行も全能になった気になり始めている。
私はもっと用心したい。」

***

同番組では、ずばりダイモン氏に支持政党を尋ねている。
(ダイモン氏が民主党支持であるのは有名。)

いつも言っているのが『私は民主党の心、共和党の頭脳を持っている』だ。
どんどん共和党的な考えが強くなっており、民主党は大きな心を持っているがとても小さな頭脳しか持っていないと感じている。
民主党はもっと政策面で思慮深くならないといけない。

左だろうが右だろうが、ポピュリズムだけでは国民は幸せになれないのだろう。
(次ページ: ビットコインへの見方は変わったか?)


 次のページ 

-海外経済, 投資, 政治
-, , , ,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 本サイトでは、オンライン書店などのアフィリエイト・リンクを含むページがあります。 その他利用規約をご覧ください。