Exclusive 国内経済 書評

日本銀行 【書評】金利と経済 – 高まるリスクと残された処方箋
2017年6月22日

日本の金融・財政政策は以前から全開だった

最後に、投資家にとって極めて重要な一節を紹介しよう。
それは、リーマン危機の素地を作ったとして批判を浴びたアラン・グリーンスパン元FRB議長の日本感だ。
「失われた10年」を費やしても復活できない日本を見て、グリーンスパンはデフレの脅威に震える。


「この時期、日本はいってみれば、通貨供給の蛇口を全開にしている。
短期金利をゼロにまで引き下げている。
財政政策を思い切り緩和し、巨額の財政赤字を出している」

思えば、日本はあの時期すでに金融・財政政策を全開にしていたのだ。
そう緩和のマエストロが言っている。
その後、限界効用が低減しきったように見えるのに、いまだ拡張的な金融・財政政策を望む声は尽きない。

バブル回避よりデフレ回避

政治家が財政拡大を望むのは私利私欲のためもあるのだろうが、中央銀行が金融緩和に傾くのは恐れのためであろうか。
引き締めて叱られるよりは、緩和して叱られる方がましなのだろう。

「デフレのリスクに比べれば、バブル発生を相対的に小さなリスクと捉え、デフレから免れるために、バブル発生のリスクに目をつぶる低金利政策に踏み込んでいった。
そして、バブルが発生するリスクをいとわない政策のもとで、実際に米国では住宅価格バブルが発生することになる。」

その結果は「100年に一度の危機」であり、非伝統的金融政策という底なし沼であった。
マエストロのマエストロたるところは、バブル崩壊の直前までにFRB議長の席をベン・バーナンキに譲ったところだろう。


> 前のページへ 

-Exclusive, 国内経済, 書評
-,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。