Exclusive 海外経済 投資 書評

東京証券取引所アローズ 【書評】株式市場の本当の話 by 前田昌孝
2021年4月15日

『株式市場の本当の話』は、日本経済新聞編集委員 前田昌孝氏による、株式投資にかかわる広範な話題を集めた本。(浜町SCI)


(Amazon)

ある意味、このタイトルは中身をよく表している。
株式投資についても多くの紙面を割いているが、むしろ株式市場にスポットライトを当てた構成になっている。
投資にかかわる話題ではファクトに基づく議論がなされているが、本ブログやFPの読者からすると、薄々気づいていたことや、知っても驚かないことが多いかもしれない。

株式市場については、政府、日銀、GPIF、証券取引所、機関投資家、発行体など、テーマでいえば、投資リターン、老後問題、ETF買い、貸株停止、ESG等々が論じられている。
意思決定者・権力に対して媚びることなく、建設的な範囲で批判的に論じているところがとても良い。
とかく強い者に媚びたがるメディアが多い中で、少し安心させてくれるところがある。

この本はあまり売れないかもしれないが、心意気を大いに買いたい。
主張のすべてに賛同するわけではないが、考えが近いところが多くあることも言い添えておこう。


-Exclusive, 海外経済, 投資, 書評

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。