投資

【データ】国別の株価指数の益回り、ローカル市場の期待リターン
2021年11月2日

将来リターンを占う上で参考にされることの多い株式益回りと期待リターンを計算した。(浜町SCI 2021年11月1日)


国別の株価指数の益回り

国別の株価指数について公表されているPERから株式益回りを計算した。
株価指数は

  • 必ずしも各市場を代表するものとは限らない
  • トータル・リターンとプライス・リターン、グロスとネットが混在している

ことに注意されたい。
また、過去の「10年リターン」と「益回り」に大きな乖離が見られる場合、特殊要因(例えば株高)を疑ってみるべきだろう。

ローカル株式市場の期待リターン

アスワス・ダモダラン教授による株式リスクプレミアム、10年債利回りをCAPMに適用し、各市場(β=1のポートフォリオ)の期待リターンを計算した。
教授は株式リスクプレミアムをカントリー・リスクについての情報(格付等)から計算している。
つまり、リターンの側というより、リスクの側から推計している。
推計されたプレミアムは、株式リスクに対して要求すべき報酬との意味合いが強い。
よって、期待リターンも、要求すべきリターンととらえるとよいだろう。
これらリターンは名目リターンであり、国別に比較する場合はインフレ差を考慮すべきだ。


-投資
-, , , , , ,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。