海外経済 投資

【グラフ】米10年実質金利がプラスになる時の投資家心理
2022年4月20日

4月19日、米10年実質金利が2020年以来で初めてゼロとなり、プラス圏に浮上する可能性が出てきた。(浜町SCI 4月20日)


19日(米財務省公表ベース)の米10年債利回りは2.93%、同物価連動債利回りは0.00%。
この差2.93%がブレークイーブンインフレ率で、債券市場における期待インフレ率とされる。

米10年の名目債利回り(青)、物価連動債利回り(赤)、ブレークイーブンインフレ率(緑)
米10年の名目債利回り(青)、物価連動債利回り(赤)、ブレークイーブンインフレ率

実質金利の実測値とされる物価連動債利回りは2020年以来マイナス圏にあった。
マイナスの実質金利の投資への含意とは

  • 物価連動債に投資すればインフレのリスクはヘッジ可能。
    しかし、マイナス圏だから、リターンはマイナスになってしまう。
  • 固定金利の国債に投資すれば名目リターンはプラスだった。
    しかし、インフレ差引後の実質リターンではマイナスになる可能性が高かった。

だから債券が嫌われてきた。
株式にはダウンサイドに(ゼロまで)フロアがないにもかかわらず、多くの人が債券を忌避した理由である。
株価が危ういと思いながらも、フロアを求めて債券に向かわなかったのには過酷なインフレ、またはインフレ期待があった。
そのインフレ期待はコロナ禍でいったん落ち込んだものの、コロナ対策の財政・金融政策を背景に上昇に転じた。
これが実質金利を低下させていた。

ここにきて実質金利が水面上をうかがうのは、ついに上昇を始めたかに見える長期金利の影響だ。
期待インフレをはるかに超える高いインフレで、ついに長期金利が低位にとどまれなくなってきたのかもしれない。
もちろんこの背景には、バランスシート縮小を含むFRBの金融引き締めプロセスがある。
長期債の需給が緩み、インフレに見合った利回りに向かおうとしているように見える。

プラスの実質金利の投資への含意とは

  • 前提: 期待インフレがそこそこ将来実現する。
  • 含意: もはやインフレによる価値低下を恐れなくてよい。

仮に株価に危うさを感じている投資家が多い場合、インフレを恐れなくてよくなったため、フロアのある債券の魅力が増す。
つまり、米国株は徐々に危うさを増していくのかもしれないのだ。


-海外経済, 投資
-,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。