Exclusive 投資

【グラフ】「リスク・オフの円安」その後
2020年2月23日

先週、日本が少しざわめいた「リスク・オフの円安」だが、その後の展開は、指摘したとおり、ナラティブ転換を肯定していない。(浜町SCI)


S&P 500指数は20-21日と連続して下落した。
仮に世間が騒いだとおり「リスク・オフの円安」に転換したのなら、ここでも円安に進むはずだ。
どうだったか。

ドル円とS&P 500指数
ドル円とS&P 500指数

ドル円とS&P 500はやはり同期していると見るべきではないか。
仮にS&P 500が市場のリスク選好を反映するなら、リスク・オフの円高が進んでいる。
つまり、ナラティブ転換を示す動きとは言えない。

「リスク・オフの通貨安」とは、財政・金融当局、そして投資家がリスク・シナリオとして意識すべきアイテムだとは思う。
しかし、今はまだそれは起こっていないように見える。
今後、米市場が大きく崩れるような時がきて、それでも円安が進むなら、その時は大いに心配すべきなのだろう。


-Exclusive, 投資
-, ,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。