早川英男氏:正常化すべきは金融でなく財政

Share

元日銀理事の早川英男氏が、遠からず訪れるであろう景気後退期に備えて財政政策にマージンを作っておくべきと主張した。
金融緩和は継続せざるをえないとしたものの、CPI伸び率上昇とともに長期金利ターゲットの再設定(短期化)を行うべきと主張した。
“早川英男氏:正常化すべきは金融でなく財政” の続きを読む

ローレンス・サマーズ:財源なき減税は無分別

Share

ローレンス・サマーズ元財務長官(現ハーバード大学教授)が、米政府について縮小ではなく拡大に向かう理由について列挙している。
ドナルド・トランプ大統領や共和党など小さな政府を求める勢力に対して反対意見を述べたものだ。
“ローレンス・サマーズ:財源なき減税は無分別” の続きを読む

ピーター・シフ:歴史は韻を踏む

Share

Euro Pacific CapitalのPeter Schiff氏が、米債務上限を完全撤廃しようという動きに対して怒っている。
財政規律の悪化は米経済・市場の停滞を招き、米国株・米ドルには期待できないという。
“ピーター・シフ:歴史は韻を踏む” の続きを読む

ロバート・シラー:FANG、ビットコインとトランプ

Share

資産価格の実証的研究で2013年ノーベル経済学賞を受賞したロバート・シラー教授が、バブルについての行動経済学的な側面を語っている。
その中で、FANG、ビットコイン、ドナルド・トランプ大統領の危うさに言及した。
“ロバート・シラー:FANG、ビットコインとトランプ” の続きを読む

サマーズ:トランプの税制改革は底辺への競争

Share

ローレンス・サマーズ元財務長官(現ハーバード大学教授)が、トランプ政権・共和党の税制改革案にダメ出ししている。
反トランプの一環にすぎないと聞き流せばいいことか、それとも税制改革には期待できないということなのか。
“サマーズ:トランプの税制改革は底辺への競争” の続きを読む

ラグラム・ラジャン:インドの高額紙幣廃止は拙速

Share

RBI(インドの中央銀行)前総裁、ラグラム・ラジャン シカゴ大学教授が、出版予定の著書『I Do What I Do』の中でインドの高額紙幣廃止について回顧している。
インドのモディ政権は、ラジャン氏がRBI総裁を退任した直後の昨年11月、一夜のうちに紙幣を廃止して世界を驚かせた。
“ラグラム・ラジャン:インドの高額紙幣廃止は拙速” の続きを読む

推奨と逆を行く米銀経営者たち

Share

米大統領選後のリフレ・トレードでは、金利上昇で恩恵を受けうる米金融株が買い時との投資推奨が目立った。
ところが、推奨する側の米銀のインサイダーたちは今年に入って逆の行動をとっているらしい。
“推奨と逆を行く米銀経営者たち” の続きを読む

ベンジャミン・コーヘン:米ドルからの資本逃避の懸念

Share

UCサンタバーバラのBenjamin J. Cohen教授は、トランプ政権の下で米ドルの準備通貨としての地位が揺らぐのではないかと心配している。
それは米国の没落であるとともに、世界の投資家にとっての災難になりかねない。
“ベンジャミン・コーヘン:米ドルからの資本逃避の懸念” の続きを読む