【書評】株式投資(ジェレミー・シーゲル)

Share

ウォートンの魔術師、永遠のブルと呼ばれるジェレミー・シーゲル教授による株式投資の入門書。
「長期投資で成功するための完全ガイド」との副題が付されている。(浜町SCI)
“【書評】株式投資(ジェレミー・シーゲル)” の続きを読む

【書評】日本経済入門

Share

早稲田大学ファイナンス総合研究所の野口悠紀雄氏がデータを示しながら日本経済の現状を解説した本。
入門書というよりは、実質的に日本のタカ派エコノミストの主張を伝える内容となっている。(浜町SCI)
“【書評】日本経済入門” の続きを読む

【書評】金利と経済 – 高まるリスクと残された処方箋

Share

日銀で金融研究所所長などを歴任した翁邦雄 京都大学教授による金融・財政政策の総括と見通し。
見返しにある「金利操作に期待されるのは、『トレンドへの働きかけ』か『経済の安定化』か」という言葉が印象的だ。(浜町SCI)
“【書評】金利と経済 – 高まるリスクと残された処方箋” の続きを読む

【輪郭】金融検査マニュアル封印が暗示する未来

Share

森信親 金融庁長官が金融庁を処分庁から育生庁へ進化させようと頑張っている。
そのため1999年制定の「金融検査マニュアル」を封印するということだが、このニュースに危うさを感じたのは筆者だけだろうか。(浜町SCI)
“【輪郭】金融検査マニュアル封印が暗示する未来” の続きを読む

【書評】本当は世界がうらやむ最強の日本経済

Share

元JPモルガンの日本経済アナリスト、イェスパー・コール氏による日本経済論。
デービッド・アトキンソン著『新・所得倍増論』とのアプローチの違いが興味深い。(浜町SCI)
“【書評】本当は世界がうらやむ最強の日本経済” の続きを読む

【書評】新・所得倍増論

Share

最近2人の元外資系投資銀行アナリストによる日本論の本を読んだ。
デービッド・アトキンソン著『新・所得倍増論』とイェスパー・コール著『本当は世界がうらやむ最強の日本経済』だ。(浜町SCI)
“【書評】新・所得倍増論” の続きを読む

ジェフリー・ガンドラック、吼える

Share

新債券王ことDoubleline CapitalのJeffrey Gundlach氏がツイッター・アカウントを開設した。
そこで、メディアを始めとするさまざまな人を非難しているのだが、その中に少々気になるものがあった。(浜町SCI)
“ジェフリー・ガンドラック、吼える” の続きを読む

ジョージ・ソロス:挫けず米株ショートを拡大

Share

ジョージ・ソロス氏の投資ファンドSoros Fund Managementが四半期報告書13FをSECに提出した。
前回(12月末)と今回(3月末)の保有ETFの変化から、止まらないトランプ・ラリーの中でもソロス氏がネガティブな見通しを強めた様子が見て取れる。(浜町SCI)
“ジョージ・ソロス:挫けず米株ショートを拡大” の続きを読む