【輪郭】物価と景気のベクトルが語る金融政策の賞味期限

リフレ派の主張とは確かインフレになれば経済が回復するというものだった。
26-27日の日銀金融政策決定会合での物価・景気の判断によっては、この中心的命題について疑念が深まるかもしれない。(浜町SCI)
“【輪郭】物価と景気のベクトルが語る金融政策の賞味期限”の続きを読む

米財務省、中国を為替操作国と認定せず

米財務省は14日「米貿易相手国の外国為替政策についての議会あて報告書」を公表し、中国について為替操作国の認定を見送った。
日本はリストの3番から中国に次ぐ2番にリストされた。
“米財務省、中国を為替操作国と認定せず”の続きを読む

【グラフ】日本株CAPEが役に立たないワケ

資産価格の実証的研究で2013年ノーベル経済学賞を受賞したロバート・シラー教授が開発した「シラーのCAPE」。
教授は米国株について有用性が高いと胸を張るが、では日本株ではどうだろう。(浜町SCI)
“【グラフ】日本株CAPEが役に立たないワケ”の続きを読む

麻生副総理:ソロスというなんとなく怪しげなおじさん

久しぶりに頼もしい麻生副総理が戻ってきた。
副総理は参院財政金融委員会で「自分が財務相であるうちはヘリコプター・マネーシムズ理論に組する」ことはないと宣言した。
“麻生副総理:ソロスというなんとなく怪しげなおじさん”の続きを読む

【書評】債務、さもなくば悪魔

英金融サービス機構の元長官で、以前から日本にヘリコプター・マネーを勧めてきたアデア・ターナー氏の著書。
タブーを打破しようという本書は、民間の信用創造を悪とし、それを肩代わりした公的債務にマネタイゼーションを勧める。
“【書評】債務、さもなくば悪魔”の続きを読む