早川英男氏:長期金利ターゲット変更はサプライズに

元日銀理事の早川英男氏が、長期金利ターゲットの変更はフォワード・ガイダンスできないと解説した。
長期国債の価格変化が政府を含めた多くの利害関係者に大きな影響を及ぼすからだ。
“早川英男氏:長期金利ターゲット変更はサプライズに”の続きを読む

藤巻健史「出せ」 vs 岩田規久男「出さない」

本日の参院財政金融委員会で、藤巻健史参院議員が日銀 岩田規久男副総裁と金融緩和の出口戦略についてやり合った。
藤巻議員が核心に迫る質問を繰り返したのに対し、参考人の岩田総裁は一貫して型通りの答弁に終始した。
“藤巻健史「出せ」 vs 岩田規久男「出さない」”の続きを読む

バーナンキ:「失われた」金融緩和の取り戻し方

ベン・バーナンキ前FRB議長による将来の金融政策の処方箋についての続報。
バーナンキ氏がゼロ金利制約に囚われないための3つの手法を検証している。
“バーナンキ:「失われた」金融緩和の取り戻し方”の続きを読む

ジェフリー・サックス:裸の王様が双子を育てる

米経済学会の良心、コロンビア大学のジェフリー・サックス教授が、トランプ政権の無知を嘆いている。
他人事とは思えない教授の嘆きを少しだけ聞いてみよう。
“ジェフリー・サックス:裸の王様が双子を育てる”の続きを読む

フィッシャー副議長:数百万が職を失い家を失った

スタンレー・フィッシャーFRB副議長が、トランプ大統領のドッド・フランク規制撤廃について危機感を滲ませた。
このまま規制が緩和されれば、いつか突然悪いことが起こるという。
“フィッシャー副議長:数百万が職を失い家を失った”の続きを読む

バーナンキ:ゼロ金利転落に潜む謎

ベン・バーナンキ前FRB議長が自身のブログで、今後のゼロ金利制約の可能性について検証している。
米金利がゼロ金利に逆戻りする確率について、FRBと市場とで大きな予想の乖離が見られるというのだ。
“バーナンキ:ゼロ金利転落に潜む謎”の続きを読む

ジャナス:シャープ・レシオと情報レシオの見方

投資ポートフォリオが優れたリスク/リターンを上げているかには様々な評価尺度があり、それぞれが少しずつ異なる観点を測るものさしとなっている。
Janus Capitalがパフォーマンスの評価基準について端的な解説を行っている。
“ジャナス:シャープ・レシオと情報レシオの見方”の続きを読む

マーク・ファーバー:金融緩和・財政拡大の正体

終末博士ことマーク・ファーバー氏発行のニュース・レターThe Gloom Boom & Doom Report 2017年4月号が経済政策と格差について論じている。
バイアスがかかっていると揶揄されることも多いファーバー氏だが、これを読むと同氏のモチベーションの所在が少しわかるような気がしてくる。
“マーク・ファーバー:金融緩和・財政拡大の正体”の続きを読む

グリーンスパン:金融規制緩和への期待が株を押し上げた

アラン・グリーンスパン元FRB議長が、ドッド・フランク規制を批判し廃止を求めた。
市場を過度に制限しなければ、市場は長期的には上昇を続けるはずと説いた。
“グリーンスパン:金融規制緩和への期待が株を押し上げた”の続きを読む