無責任・傲慢とトリフィンのジレンマ

Share

Reutersが『次の金融危機、引き金は「通貨」か』と題するコラムを掲載している。
トリフィンのジレンマをテーマとする内容なのだが、伝統的なテーマを今とりあげたのはなぜなのかと勘繰りたくなる。
“無責任・傲慢とトリフィンのジレンマ” の続きを読む

ポール・シンガー:借金漬けは借金では解決しない

Share

Elliott ManagementのPaul Singer氏が、危機の到来を虎視眈々と待ち受けている。
先進各国の非伝統的金融政策は、永遠に潜在的なリスクを封じ込めるわけではないという。
“ポール・シンガー:借金漬けは借金では解決しない” の続きを読む

ロバート・シラー:好景気でも家計が支出を減らすワケ

Share

ロバート・シラー教授が「今日の停滞を理解するには」と題するコラムをProject Syndicateに寄せている。
人間社会では相反する観念が共存することがあり、経済においても偏ることのない複眼を持たなければならないと諭す。
“ロバート・シラー:好景気でも家計が支出を減らすワケ” の続きを読む

ラグラム・ラジャン:リスクは他のところに移っただけ

Share

インド中央銀行総裁を昨年9月に退任したラグラム・ラジャン シカゴ大学教授が、リーマン危機後のリスクの所在について語った。
米銀は安全になったが、その分、他のセクターにリスクが移っただけと指摘した。
“ラグラム・ラジャン:リスクは他のところに移っただけ” の続きを読む

ジャック・ボーグル:低い市場リターンがアクティブ運用を苦しめる

Share

Vanguard Groupの創始者Jack Bogle氏が、米株式市場の名目リターンを分析している。
同氏の見通しが示すのは、アクティブ運用業界全体で見た場合の暗い未来だ。
“ジャック・ボーグル:低い市場リターンがアクティブ運用を苦しめる” の続きを読む

ジェレミー・シーゲル:米国株はフェア・バリュー

Share

ウォートンの魔術師Jeremy Siegel教授が、米国株への投資継続を勧めた。
その議論には2つの重大な矛盾が含まれているが、さらにその先の可能性に目を向けると、教授の推奨にも大きな意義が感じられるようになる。
“ジェレミー・シーゲル:米国株はフェア・バリュー” の続きを読む

バイロン・ウィーン:ドル高予想は外れる可能性も

Share

Blackstone Advisory PartnersのByron R. Wien氏が、年初のドル高予想についてやや自信を失いつつある。
ファンダメンタルズから言えばドル高が自然の方向だが、政治要因が実現性を不透明にしているという。
“バイロン・ウィーン:ドル高予想は外れる可能性も” の続きを読む

ピーター・シフ:アメリカ人が金を買わないワケ

Share

Euro Pacific CapitalのPeter Schiff氏は、アメリカ人が金投資を後退させた理由を説明している。
背景には、共和党員の政治信条が大きく関係しているのだという。
“ピーター・シフ:アメリカ人が金を買わないワケ” の続きを読む

ロバート・シラー:市場のクラッシュを検知する方法

Share

資産価格の実証的研究で2013年ノーベル経済学賞を受賞したロバート・シラー教授が、めずらしくセクター別の割高・割安について語っている。
割安セクター・地域を教えたほか、バブルの発生・崩壊を感知するヒントを与えている。
“ロバート・シラー:市場のクラッシュを検知する方法” の続きを読む