レイ・ダリオ:ポピュリズムの研究

Bridgewater AssociatesのRay Dalio氏が、世界で台頭するポピュリズムについて簡潔にまとめたレポートを公表している。
1930年代を中心として調べられているが、歴史が繰り返すことを思い知らされる内容だ。
“レイ・ダリオ:ポピュリズムの研究”の続きを読む

デニス・ガートマン:投資のユニバースで何かが起こる

コモディティ王デニス・ガートマン氏が、米国株市場の先行きに神経質になっている。
最低5%の調整は必至とし、トランプ政権の好材料の何が落ちても下げ要因になりうると語った。
“デニス・ガートマン:投資のユニバースで何かが起こる”の続きを読む

ガンドラック:米国株を揺るがす2つの死角

新債券王ことDoubleLine Capitalのジェフリー・ガンドラック氏はしばらく米国株・米国債の同時高が続くと予想した。
一方で市場金利が再び上昇したり、オバマ・ケア代替法案がつまづくようなことになれば、モメンタムは揺らぐとも話した。
“ガンドラック:米国株を揺るがす2つの死角”の続きを読む

ロバート・シラー:精神分析医が必要だ

資産価格の実証的研究で2013年ノーベル経済学賞を受賞したロバート・シラー教授が、米国株高に神経質になっている。
熱狂ではなく心配の中で上げる相場に直面し、経済学者というよりフロイトが扱うべき状態だと語った。
“ロバート・シラー:精神分析医が必要だ”の続きを読む

佐々木融氏:日銀の方が引き締めに近いかもしれない

JP Morganの佐々木融氏が、従来通り円高予想を続けている。
注目したいのは、市場が慣れきっているコンセンサスに異論を呈している点だ。
“佐々木融氏:日銀の方が引き締めに近いかもしれない”の続きを読む

エラリアン:旅人が去るとき

独Allianz首席経済アドバイザーMohamed El-Erian氏は、米市場が高値圏にあることを念頭に、選別投資の重要性を説いた。
ハイ・イールド債や新興国社債の一部で問題が起こり、それがセグメントや資産クラス全体に伝染する懸念があるのだという。
“エラリアン:旅人が去るとき”の続きを読む

エラリアン:美しき正常化、先食いの株式市場

FOMCの利上げ決定を振り返り、Mohamed El-Erian氏がFRBの手並みを称賛した。
市場を混乱させることなくFF金利を引き上げたことへの賛辞だ。
“エラリアン:美しき正常化、先食いの株式市場”の続きを読む