野口悠紀雄氏:進路を変えろ

野口悠紀雄

早稲田大学ファイナンス総合研究所・顧問 野口悠紀雄氏が日銀の金融政策を激烈に批判している。
早期にインフレ・ターゲットを破棄し、慎重に国債購入を見直すことで、量的緩和を出口に向かわせるよう主張している。

かねてからリフレ政策に真っ向から反対してきた野口氏だが、その勢いは増すばかりだ。
週刊ダイヤモンドへの寄稿では、日銀の金融政策の誤りをあげつらい、出口政策のために2点を実行するよう提案している。

インフレ・ターゲットの破棄
「物価下落は経済活動を活性化させることを認め、物価を下落させて実質所得と実質消費を増やす政策に転換することだ。」

国債購入の慎重な見直し
「このまま惰性的に大量の国債購入を続ければ、時限爆弾が積み上がってゆく。」

野口氏の批判は、現実主義にのっとった、かつてオーソドックスとされた考え方だ。
その一方で、いくらか思い込みが強すぎる面もあるように思う。
リフレ政策をめぐっては、タカ派もハト派もいささか思考が硬直的すぎるようだ。

野口氏は「よいデフレ」論を主張している。
これは、インフレこそ善とする考えと同様に頑ななものだ。
インフレには悪い面もいい面もある。
それなのに、ハト派は悪い面を認めようとしない。
デフレには悪い面もいい面もある。
野口氏の言うように、デフレを誘導してまで引き起こすべきなのか、その説明はまったく足りていない。

リフレ政策には2つの疑問がある。

  • そもそも、まともな金融・財政政策によってインフレ誘導は実現できるのか。
  • インフレが実現すれば、本当に日本の経済・社会は豊かになれるのか。

この2点を説得力のある形で説明してくれないから、日本人は不安になるのだ。
とりわけ、インフレになれば経済・社会が改善するという話は、日本人には受けない。
将来、増税であれ、インフレであれ、厳しいイベントが待っているなら、アリのように無駄遣いを切り詰めるのが日本人だ。
これがGDPギャップを大きくする。
こうした行動様式は、今では日本人だけでなくなりつつある。

野口氏は

「この船の進路を、何とかして変えなければならない。」

と結んでいる。
しかし、これも実現不可能だろう。
量的緩和にはおそらく出口はない。
日銀が保有資産を減らすこと、政府が債務を減らすこと、この2つを通常のやり方で実現できる可能性は限りなくゼロに近いだろう。
進路は変えられない。
かわりに、よりよい沈み方を模索することになるのだろう。