財政・金融の専門家が金の専門家を訪ねる理由

金の延べ棒

World Gold Council元日本代表 豊島逸夫氏のコラムを読んで笑ってしまった。
財務省・日銀を退官した同期・先輩たちが、金の第一人者のもとに相談に来るのだという。

ドルや金への投資について、豊島氏のアドバイスがほしくて来るのだと、豊島氏は日経のコラムで書いている。
引退して手元にキャッシュがある中、老後資金の置き場に迷っているらしい。
彼らが発したとされる言葉がふるっている。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
「自分は日本国の台所の実態をこの目で40年間見てきた」
「量的緩和でマネーが大量に供給される現場で働いてきた」
「膨張した国の借金は、国民がまともに働いて返済できる規模ではない。量的緩和の出口戦略は未知の領域だ。ここは、資産防衛しかあるまい」

こう口にし、ドルや金への意見を求めるのだという。
さもあらん。
もっともな話なのだが、実は極めて事態は深刻だ。
同時になんともコミカルで笑ってしまう。

彼らは円通貨にも、国債にも、預金にも、信頼を置いていない。
おそらく国内のリスク資産にさえ懐疑心を抱いているのだろう。
豊島氏は、彼らの発言の背景を

「彼らのドル・金選好の根底には、膨張した公的債務・通貨供給量を『正常化』する出口の過程でインフレが不可避との認識がある。
円という通貨の価値が希薄化して、長期的には円安とみる相場観だ。」

と解説している。