河野龍太郎氏:金融政策は量から金利へ

日本銀行券

BNPパリバの河野龍太郎氏が、ジャクソン・ホール講演から、日銀金融政策が金利に重点を移すと予想した。
東短リサーチの加藤出氏は、マイナス金利を深掘りするなら、長期国債買入れを減らすべきと注文した。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。河野氏はジャクソン・ホールでの黒田 日銀総裁の講演内容から、(9月の日銀による)「総括の方向性が見えたのではないか」と日本経済新聞に話している。
黒田総裁は講演で、マイナス金利がイールド・カーブを押し下げた点をアピールした。
河野氏は、「マイナス金利の深掘りを、円高への対応策として確保しておきたいのだろう」と読む。
金融緩和の主役が、量から金利へ移っていくものと予想している。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。同記事は、東短リサーチの加藤出氏にも話を聞いている。
マイナス金利の副作用を危惧し

「マイナス金利を深掘りするなら、(長期金利が下がりすぎるのを防ぐために)同時に期間が長めの国債の購入を減らさないと、銀行収益への打撃が大きすぎる」

と指摘した。
マイナス金利は確かにイールド・カーブを押し下げるのには効果があった。
問題は、それが全体として経済にプラスとなるか否かだ。
日経は「銀行株が暴落すれば、金融緩和の効果もそがれかねない」と書いている。
そこまで極端な例でなくとも、信用創造へのインセンティブが働きにくくなるだけで、十分すぎるマイナスだ。
加藤氏の言うように、短期を押し下げ、長期側の低下を抑え気味にする《イールド・カーブのスティープ化》を求める声は少なくない。

一方で、長期側の金利低下を抑えてしまうのは、金融緩和の効果という意味では大きなマイナスだ。
伝統的金融政策では短期金利を操作してきた中央銀行が、量的緩和であえて長期国債を買い入れたのはそのためだ。
現在のようなマイナス金利/超低金利の中で、これ以上の低下に意味があるのかは議論があろう。
しかし、よくわからないがゆえに、長期側の金利低下を抑制的にすることにはアレルギーもある。
日経記事では、「日銀内でも問題意識は共有されているが、黒田緩和の根幹である国債購入の縮小(テーパリング)には否定的な意見が多い。市場では、9月の総括では問題意識を示すだけにとどまるとの観測も出ている」と書かれている。

日銀というのも、これほど異例なことをやりたい放題やっていながら、なんとも窮屈なことだ。
国債の買入れを減らせという話ではない。
ただ、買入れのやり方に自由度を与えろというだけの話だ。
自分たちの作戦に固執し、日本経済に《玉砕》を求めたいわけでもあるまいに。
どういう話になろうと《総括的な検証》は、政府・日銀の姿勢を指し示すものになるだろう。