河野龍太郎氏が予想する本石町の詭弁

河野龍太郎

BNPパリバの河野龍太郎氏が今月20-21日に予定されている日銀の「総括的な検証」について深読みしている。
日銀が弄するであろう詭弁・屁理屈の類を分かりやすく推測していて面白い。

「総括的な検証」の落としどころ

総裁をはじめ日銀の高官らは今回の検証について再三
・早期2%の目標は降ろさない
・緩和縮小ではない
・緩和に限界はない
とアピールしている。
日銀がいかに強弁しようが、市場は金融政策に様々な限界があることを知ってしまっている。
この溝を埋めない限り、金融政策は絵に描いた餅のままだ。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
では、日銀は、この溝をどう埋めるのか。
河野氏はReutersに寄せたコラムで、日銀が弄するであろうレトリックを次のように予想している。

  • 国債買入れに「限界」があるとは考えていない
  • ただし、国債買入れとマイナス金利の併用は効果が大きく「弊害」も大きい
  • だから、国債買入れの「量」の目標を柔軟化し、臨機応変に買入れ額を増減する
  • 円高など危機対応では、量・質・金利の三次元で対応できる

路線変更へのリパーカッション対策

こうしたレトリックを採用する場合について、河野氏は、2つの反対勢力の可能性を挙げている:

前者については、詭弁・屁理屈をこねて名誉を守ってあげるしかない。
誤った判断を続けられるよりはましだろう。
より重大な問題は後者だ。
こうした手法のチューニングは限りなくテーパリングに近い。
決して緩和の強化ではあるまい。
日銀の対話にかかわらず市場がよからぬ方向に動いてしまったらどうするのか。
河野氏は、イールド・カーブの長期・短期ごとに説明する。

  • 長期金利が上昇した場合: 長期国債の買入れを再び増額することで対応。
    河野氏は、この発動が「長期金利ターゲット」の事実上の開始になると予想している。
  • 円高が進んだ場合: マイナス金利の深掘りで短期側から金利を押し下げ円高を阻止。
    河野氏は、追加緩和の円安効果への風当たりは強く、介入のタイミングは95円を切って90円のリスクが見えてきた頃と予想する。
  • 株価が急落する場合: すでにETF買入れ増額で手当て済み。

(次ページ: 不確実の中の確実)