榊原英資:やめたくないから2%

榊原英資

ミスター円こと榊原英資 青山学院大学教授が、日銀の「総括的な検証」についてCNBCでコメントした。
日銀は今後も既定路線を進むと予想している。

榊原教授は「総括的な検証」結果から(後任の財務官であった)黒田日銀総裁の心境を読み取る。

「市場は、強力な追加緩和を期待していたがが、(日銀は)それに応えなかった。
市場はいくらか期待外れだったろうが、これは、黒田総裁が危機感や緊急事態との認識を持っていないことを示している。
黒田総裁は現状に満足し、既定路線を進むのだろう。」

榊原教授は2%の物価目標について「誰も実現可能とは考えていない」と語っている。
「1%で十分だ」という。
皆が実現不可能と考える2%にはどんな意味があるのか。

「黒田総裁は、2%の物価目標が達成できるとは考えたことがないはずだ。
しかし、目標がそれであるうちは、黒田総裁は金融緩和を継続することになる。
強力な金融緩和を継続するために、黒田総裁は2%目標を取り下げなかったのだろう。」

真実がどこにあるのかはわからない。
仮に榊原教授の見立てが正しいなら、完全に手段と目的が入れ替わっている。
日銀という組織にとって、そうしたことが許容されるのか。
金融緩和を継続する本当の目的とは何なのか。
国、政府、日銀の誠実さが問われてくるのではないか。