投資家を無一文に引きずり落とす4つの悪行

東証アローズ

Business Insiderが「投資の4つの誤解があなたのポートフォリオを破壊する」と題した記事を掲載していた。
当たり前のことばかりなのだが、身につまされる話なので、短く紹介しておこう。

BIが戒める4つの誤解とは:

  • 債券は安全
    国債であってもデフォルト・リスクはゼロではない。
    マチュリティが長くなるにしたがって、金利変動にともなう価格変動リスクも大きくなる。
  • 損出ししたくない・・・株はまた上がる
    買った株が大きく下げたが、損出しするどころか難平買いしてしまう。
    そのまま横ばい、または、さらにじりじりと下げてしまう。
  • この会社で起こっていることは完全に理解している
    本当に内部まで理解できているか問い直すべき。
    おそらく、思い込みに過ぎない。
  • これはすごい逆張りだ
    逆張り投資は妥当かつ往々にして利益を生む戦略だ。
    しかし、逆張り投資家であることと単なる逆張り屋であることには大きな差がある。

プロ・アマを問わず、常識でありながら断ち切れない誘惑を表している。
興味深いのは、この4つを掘り下げると人間の深層で共通していることだ。
投資は虚心坦懐・謙虚でなければならないということではないか。