ファーバー:貴金属でリスク・オフ、分散投資を

マーク・ファーバー

スイス人著名投資家マーク・ファーバー氏が、高騰する資産価格を懸念し、安全資産としての貴金属を推奨した。
先行きの見通しが悪い中、分散投資を徹底するよう勧めた。

米国株が史上最高値を更新しようがめげることがない。
ファーバー氏はFoxのインタビューで得意の弱気予想を展開した。

「2000年、NASDAQのバブル(ITバブル)があった。
2007年、住宅バブルと株式バブルがあった。
しかし、そうした時もすべての銘柄が上げたわけではなかった。」

と、過去のバブルと現在の状況を比較して説明を始めた。

「しかし、今は不動産価格も高い。
海外は必ずしもそうではないが、米国株も高い。
歴史的水準に照らして、世界中に5,000年の歴史上最も高い市場がある。
マイナス金利と12兆ドル以上の債券の市場だ。」

齢70歳を迎えたファーバー氏をもってしても、現在の状況・将来の行方を経験から推しはかることは難しいようだ。
状況を「タイタニックに乗っている」ようなものと表現している。
視界不良の中、ファーバー氏は投資家に不確実性を覚悟した投資を心がけるよう勧めている。
分散投資を前提として、コモディティの現物を安全資産として推奨している。

「投資分散が必要だ。
救命ボートは貴金属(金、銀、プラチナ)、しかもETFでなく現物だ。
株式も、共同体ごと・地域ごとに分散していくらか保有すべきだ。
債券も必要だし、不動産も地域を分散していくらか保有すべきだ。」
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
今週、米国株が半値まで落ちると予想してメディアを賑わしたファーバー氏。
そのファーバー氏が、分散を前提としながら、株式の保有を推奨している。
実は、資産クラスごとに1/4ずつ配分するというのはファーバー氏の常道である。
「半値に落ちる」というエンターテインメントから、「分散しろ」という現実味のある話にチューニングしてきたということだろう。