グリーンスパン vs ビル・グロス

アラン・グリーンスパン

アラン・グリーンスパン元FRB議長が、米債券市場の回復は長続きしないと警告している。
債券王ビル・グロス氏は、日銀の長期金利ターゲット導入により、米金利にもフロアが形成されると予想している。

グリーンスパン氏は、米国債の動向についてこう語っている。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
「強気相場とは、絶対に反転しないように見えるものだ。
現在は、投機的グレードの証券のピークとして典型的なパターンだ。」

グリーンスパン氏は以前から金利上昇・スタグフレーション到来の懸念を表明していた。
長期的には、米10年債利回りは5%程度まで上昇すると警告している。

一方、債券王ビル・グロス氏が長期債の保有を増やし、ポートフォリオのデュレーションを延ばしているとBloombergが伝えている。
経済鈍化・低インフレが続くと読んでの動きだ。
デュレーションを延ばせば、より大きな期間プレミアムを期待できるだけでなく、債券が買われる(金利が低下する)局面ではキャピタル・ゲインが狙える。
グロス氏は、日銀の長期金利ターゲット導入を根拠に、デュレーション延長に動いたのだという。

「債券の弱気相場が始まるタイミングは間違いなく後倒しになった。
日銀の(長期金利ターゲット)政策によって、私がソフト・キャップと呼ぶ現象が引き起こされる。
ソフト・キャップは、米国債・英国債・独国債にキャップをつける。」

日銀が長期金利にフロアをつけると、それが金融市場を介して海外の国債市場にも伝播する。
結果、各国の長期金利にソフトなフロアが形成され、債券価格にはキャップが付されることになるかもしれない。
債券価格が上がらないと見れば、米長期国債も安心して買えるというわけだ。
グロス氏は
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
「中央銀行には逆らうな。」

という市場の鉄則を喚起している。

今でこそ犯人説もささやかれるグリーンスパン氏は、かつては金融政策の神様と言われた人。
今でこそ退位したとささやかれるグロス氏は、かつてはたった一人の債券王だった人。
どちらの見立てが正しいのだろう。