エラリアン vs グロス:9月か12月か

モハメド・エラリアン

独Allianz首席経済アドバイザーMohamed El-Erian氏が、利上げに無防備な市場に懸念を示した。
FRBの9月利上げ確率は、市場予想ほどには低くないという。

2か月連続で好調だった米雇用統計を受け、エラリアン氏は、市場があまりにも9月利上げ確率を低く見ていると指摘する。
FF金利先物に織り込まれている9月利上げ確率は26%にすぎない。

「これは低すぎる。
40-45%は見ておくべきだ。」

エラリアン氏は語った。
Bloombergは、エラリアン氏の見方が、かつての盟友ビル・グロス氏とは異なる点に注目している。
グロス氏は、9月利上げの確率は低いと予想している。

一方、エラリアン氏はイールドカーブに注目し、利上げが近いと考えているようだ。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
「(イールドカーブの)短期側はFRBにコントロールされている。
現在の数字は、FRBの年内利上げ確率がもっと高いことを示している。」

かつて、世界最大の債券ファンドPIMCOを共に経営した二人の意見が割れている。
エラリアン氏は市場の声を聴いている。
グロス氏はFRB内の議論の中身を推測している。
金融政策頼みの相場では、今後も当面は、こうした予想ゲームが続きそうだ。