エラリアン:踏み込めば暴かれる

モハメド・エラリアン

独Allianz首席経済アドバイザーMohamed El-Erian氏が、日銀金融政策決定会合に注目している。
影響度こそFOMCほど大きくないが、中期的な政策のリスクを占うには日銀を観察すべきという。

エラリアン氏はBloombergへの寄稿で、金融政策決定会合で行われる「総括的な検証」について予想している。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
「先立つ兆候から推測すると、これまでの残念なマクロ経済の結果にもかかわらず、日銀高官は、手法のミックスについての意見の相違はありつつも、従来のやり方を強化しようとしている。」

手法のミックスとは、マイナス金利か量的緩和かという選択を指している。
いずれも、数年前までは想像もしなかった話である。

「政策決定者が非伝統的政策に深く踏み込むほど、彼らに力がないことがますます暴かれてしまい、経済・金融上の複雑で意図せざる結果をもたらし、政治的調査・干渉・自律性の喪失というリスクを招き寄せることになる。」

1月末に日銀がマイナス金利を導入した時、市場は日銀の思いとは逆の方向に動いた。
政策出尽くし感が噂されたが、これが《力がないことが暴かれた》にあたるのだろう。
円高・さえない株価が《意図せざる結果》の一端だ。
エラリアン氏の言うことが正しいなら、今後、日銀は政府・国会から強い干渉を受けることになる。
幸いなことに、そうした兆しはまだ皆無だ。

エラリアン氏は、政府と日銀が「ルーズ(負け)・ルーズの関係」にあるという。

「国が経済悪化のリスクに直面した時、中央銀行が高みの見物を決め込むわけにはいかない。
しかし、日銀の苦境に対する解とは、追加刺激策の実施に条件をつけることなのだ。
その条件とは、政府がもっとがんばること。
特に、アベノミクスの3本の矢で言えば、構造改革を進めることだ。
しかし、安倍首相は先進国の中で最高の支持率を誇るものの、彼は彼で制約を抱えている。」

世界が日本を見ている。
《失われた10年》以降、日本はワースト・シナリオを占う実験場なのだ。