エラリアン:人為的な安定は不安定へと変化する

モハメド・エラリアン

独Allianz首席経済アドバイザーMohamed El-Erian氏が、米金融政策の転換を求めた。
金融・経済環境が不安定化する心配があり、FRBは早期に利上げすべきと語った。

「低成長が不況に変化するのはたやすいことだ。
人為的な安定は不安定へと変化する。」

エラリアンは経済の先行きを警告する。
リーマン危機後、強力な金融緩和によって市場・経済の安定を保ってきたが、それも限界が見えつつある。
副作用が強く感じられるのもさることながら、望んでいたインフレが近づいてきた。

「世界経済は、ブレーキ(金融引き締め)なしの状態で、いつまでも低速(低インフレ)で走り続けることはできない。」

そろそろ金融政策の出番を終えなければ、インフレがオーバーシュートしかねないのだ。
金融政策がアクセルを外すなら、どう経済成長を図ればいいのか。
短期的な政策で言うなら財政政策しかない。

「もしも政府が立ち上がれば、価格を正当化するような高成長シナリオに転移するだろう。」

エラリアン氏は、かねてより資産価格がファンダメンタルズと乖離していると危惧している。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
FRBが利上げにトライしようとする中、米市場は利上げ反対の大合唱だ。
株価は史上最高値水準にあるのに、史上最低水準の政策金利さえ引き上げることができていない
明らかに何かバランスを欠いている。
エラリアン氏は、長く続いた低金利が経済成長・金融市場に歪みをもたらしていると指摘する。

「私たちは、あるステージから脱する人為的な期間に差し掛かっている。」

エラリアン氏は、FRBが時機を逸しているとし、早期に利上げすべきと主張している。