エラリアン:トランプ勝利なら5-10%の下落に

モハメド・エラリアン

独Allianz首席経済アドバイザーMohamed El-Erian氏が、FRB金融政策と米大統領選についてコメントした。
トランプ候補が勝利し保護主義の主張を続ければ、米国株は5-10%下落するという。

エラリアン氏はBloombergで、12月の利上げの有無にかかわららず、FRBはいつまでも市場のよき友であり続けることはできないと語った。
中央銀行だのみで上げてきた資産価格に暗雲が立ち込めているとの認識だ。

「FRB内では、将来の金融安定への脅威についての心配が大きくなっている。
ノンバンクの過度なリスク・テイク、FRB自体のリスク・テイクが、将来経済の向かい風になりかねない。
FRBが私たちのよき友であり続けるとの考えには用心した方がいい。」

金曜日発表の米雇用統計は市場予想にこそ届かなかったものの堅調な数字だった。
エラリアン氏は、12月利上げの確率が高まりつつあると予想する。
国内を見る限り、最大の波乱要因は米大統領選だ。
最後の最後に不可解にもFBI長官がメール問題の捜査をアナウンスし、選挙の行方は混とんとしている。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
エラリアン氏は2つの「もしも」を警戒する:

  • もしも、ドナルド・トランプが勝利したら
  • もしも、就任演説で保護主義を再度主張したら

この2つの「もしも」が実現すれば、「リスク市場は大きく売られる」とエラリアン氏は言う。

「S&P 500にして5-10%の下落を予想する。
リスクのバランスは、流動性の問題からさらに大きく悪化する。」