日本銀行

西岡純子氏:金融政策正常化の順序

Share

19-20日の日銀金融政策決定会合を前に、三井住友銀行の西岡純子氏がテレビ東京番組で金融政策の先行きを予想した。
日銀が金融政策の正常化に動くのは、早くても来年半ば以降になるという。

追加緩和でなく金融政策正常化へ

9月の日銀「総括的な検証」以来、市場はすっかり日銀に追加緩和を催促しなくなった。
市場はあらたな金融政策フレームワークを緩和的というよりは引き締め的ととらえたのだろう。
その見方は、トランプ・ラリーで急伸した米ドル高によってさらに強まった。
危惧していた円高が払拭され、日銀が金融緩和で対処する必要が当面なくなったからだ。
西岡氏はこういう。

「円安でインフレ率が上がってくると、徐々に、どうやって正常化していくかという議論が出てくる。」

西岡氏は、日銀のこうした政策変更は来年半ば以降になると予想している。

  • いまだ物価目標が達成されない中、緩和的政策は維持せざるを得ず、長期金利ターゲットの引上げは行えない。
  • 日銀はマイナス金利政策によってイールド・カーブ全体を押し下げたと認識しており、早い段階にマイナス金利政策を取りやめることはない。

日銀の目的意識を考えれば、当然の方向性だろう。
そもそも、長期金利ターゲットは長期金利を押し上げるものではなく、上下両方に調整しようというものだ。
市場金利が上昇したからターゲットも引き上げるのでは、何のためのターゲットかわからない。

金融政策正常化の順序

西岡氏は金融政策正常化の順序を予想する:

  1. 長期金利ターゲットを0%超に: 長期金利ターゲットはいわば「政策金利」であり、小刻みに上げていくべきものではない。
    たとえば、0.25%ずつといった幅で上げていくことになるのではないか。
  2. テイパリング: 「総括的な検証」以来、事実上起こっているので、あらためて明示的にやるかどうかはわからない。
  3. マイナス金利解除

詳しい説明がなかったことは残念だが、この順序にはいくつか重要なメッセージが込められている。

日銀が、平時の長期金利ターゲットを世界に先駆けて導入したことで、1. 長期金利ターゲット引上げと2. テイパリングの間に線引きがなくなった。
長期金利を引き上げるにはテイパリングを行えばいいし、テイパリングすれば長期金利に押し上げ圧力がかかる。
中央銀行が自由な金融市場に極力介入すべきでないという考え方からすれば、金利(=価格)にターゲットを設定するのは本来望ましくない。
たとえば毎月10兆円とか年100兆円とかいったように買入れ額を宣言するのが理想だ。
しかし、そうした問題点を理解した上で、最善と考えて日銀は長期金利ターゲットを導入したのであり、その決断は諒とすべきだろう。

(次ページ: すべてがイールド・カーブ・コントロール)