藤巻健史議員:詭弁に思えてしょうがない

日本銀行
Share

参議院財政金融委員会で18日、藤巻健史参院議員が岩田規久男 日銀副総裁に、金融緩和の出口について質問した。
副総裁の答弁は耳を疑うようなものであり、中央銀行の瓦解を感じさせるものだった。

「詭弁に思えてしょうがない」

岩田副総裁の答弁に対し、藤巻議員はこう吐き捨てた。
「詭弁」どころではなく、誤魔化し、まやかし、責任逃れと言うべき答弁だった。

藤巻議員の質問は、金融緩和の出口で起こる日銀の資産・負債の逆ザヤだ。
資産には長目の国債が多いから、長い間、低リターンの資産を抱えることになる。
一方、超過準備の付利は引き上げざるを得ないから、こちらは速やかに利払い負担が上昇する。
結果、日銀は(時価評価での実質債務超過だけでなく)逆ザヤを抱え、慢性的な赤字・債務超過に陥る可能性が極めて高い。
金融緩和の出口で日銀の財務が大きく傷むことは、少なくとも日銀以外の世の中では常識であり、コンセンサスだ。
このテーマに対する副総裁の答弁はこうだった。

将来の(金融緩和の)出口の日本銀行に対する収益の影響は・・・
経済・物価情勢が好転し、当座預金に対する付利金利を引き上げる場合には、長期金利も相応に上昇する。
したがって、当座預金に対する支払い利息が増加する一方で、日本銀行の保有国債の利回りも次第に上昇する。
出口の過程において、日本銀行の収益は保有国債に対する利払いの保有資産から生ずる収益と、当座預金の付利金利など負債に関わる費用などの差によって決まる。
先行き日本銀行の収益が実際にどうなるかは、将来の経済・物価情勢の下での金利環境に加え、日本銀行がどのような手段を用いていくかによって大きく変わりうる。

なんだかネズミ講の胴元が使いそうな言い訳だ。
支出は増えても収入が増えるから大丈夫、要はその程度の理屈でしかない。
こうした中央銀行が市中銀行のALMを語る資格があるのだろうか。
このままだと日銀は、短期の調達により長期の運用を行ったまま(緩和の出口という)金利上昇局面を迎えてしまう。

さて、日銀が出口で逆ザヤを小さくする手段は考えられないのだろうか。
クレイジー・アイデアをいくつか挙げてみよう。

  • 超過準備への付利を引き上げない
    金融緩和の出口では景気またはインフレが改善しているから、付利を引き上げないとさらに過熱し、インフレ(または資産インフレ)が昂進してしまう。
  • 預金準備率を引き上げる
    これは、市中銀行が預かった預金のほとんどを無利子で日銀に預けさせることを意味する。
    実質的な銀行課税であり、それは預金者等に転嫁されることいなる。
  • 買入れ国債を大幅に長期化する
    逆ザヤになるのは資産の利回りが低いから。
    誰も買いたがらないような高利の超長期国債・永久(有利子)国債を買い入れる。
    見かけの財務を取り繕うために、実質的な財務ポジションを犠牲にする手である。

結局のところ、負担を国民あるいは銀行・預金者に転嫁することなく逆ザヤを小さくできる可能性はかなり小さい。
その日銀が組織を挙げて誠実な説明を拒んでいる。