加藤出氏:緩やかな円安が続く

Share

東短リサーチの加藤出氏が、日経電子版への寄稿で2017年の日米の金融政策とドル円相場を予想している。
日米金利差が開くと見て、緩やかな円安ドル高を予想している。

米金融政策は着々と正常化へ

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 加藤氏は、年内のFRB利上げを2回と予想したほか、FRBがバランスシートを縮小させる時期について

「早ければ夏ごろに(再投資)減額開始を予告し、数カ月後にそれが開始されるかもしれない」

と書いている。
量的緩和政策は利上げで終わるものではない。
バランスシートの縮小(再投資を減額することで保有国債が自然に償還されるのを待つ)で終わるものだ。
新大統領が次期FRB議長にタカ派の登用を考えるなら、再投資減額も早まるかもしれないというのが加藤氏の読みだ。

金利差拡大で円安へ

一方の日本は、物価上昇率が上向く気配こそあれ、依然2%は影さえ見えない。
日銀が積極的に金融を引き締めるとの予想は立ちにくい。
加藤氏は、今年のドル円相場のメイン・シナリオを

「昨年末のような急激な円安は期待できないものの、基本的に緩やかな円安が続く」

としている。
金融政策のダイバージェンスと金利差に着目した予想だ。

(次ページ: 年内にも長期金利ターゲット引上げか)