ロバート・シラー:精神分析医が必要だ

Share

資産価格の実証的研究で2013年ノーベル経済学賞を受賞したロバート・シラー教授が、米国株高に神経質になっている。
熱狂ではなく心配の中で上げる相場に直面し、経済学者というよりフロイトが扱うべき状態だと語った。

CAPEレシオはすでに私が神経質になるほど高い。」

シラー教授はCNBCでこう語った。
現在のCAPEは29倍を超えている。
サブプライム/リーマン危機前の水準を超え、大恐慌前の水準に近づきつつある。

Robert Shiller教授による米国株CAPEレシオ

シラー教授は投資家をミスリードしたくないため、CAPEがあくまで長期的見通しを示す指標であると言い添えている。
つまり、CAPEは短期の株価変動を予想するものではないということだ。
結果、シラー教授の投資推奨は、ニュー・マネーを株に入れるな、持っている株を売るな、となる。

一方、長期のホライズンでは、シラー教授はCAPEの有効性に胸を張る。
過去、現状ほどCAPEが高い場合、よくない結果に終わったと、淡々と事実を述べた。
その上で、今回のトランプ・ラリーの特殊性についても言及している。

「今回の上げ相場は、多くの熱狂をともなう通常の強気相場とは異なる。
2000年(のバブル)では新たなインターネット、テクノロジー、新世紀などに人々が沸いた。
そうした強気相場ではなく、もっと心配が勝った相場だ。
趨勢的停滞、海外やコンピューターに仕事をとられることなどに心配している。
いわば希望的観測バイアスとでも言うべきものが影響する投資環境だ。」

減税やインフラ支出などのGood Newsをしっかり織り込んだ米市場。
このGood Newsが希望的観測に終わることが米市場の最大のダウンサイド・リスクだ。
ここまで目立った調整もなく上げてきただけに、リスク分布が下方に偏っていると心配する人も多い。
不思議なことに、それでも市場は上がり続けることが少なくない。
シラー教授は「精神分析医が必要だ」と話している。