ロバート・シラー:ビットコインはバブルの典型

Share

資産価格の実証的研究で2013年ノーベル経済学賞を受賞したロバート・シラー教授が、急激に上げてきたビットコインについてコメントした。
否定するつもりはないという姿勢を見せながらも、やはりリスクは高いと吐露した。


Trader takes on Nobel Prize winner who says bitcoin is in a bubble from CNBC.

「見た目より私は(ビットコインに)ネガティブじゃないのだけど、現在ビットコインを動かしているのは、他のバブルの例と同じく『ストーリー』だ。
多くの関心を集めているのはストーリーの質なのだが、それが必ずしも持続可能とは言えない。」

シラー教授はCNBCで、行動経済学者らしい切り口でビットコインの持つ危うさを指摘した。
Satoshi Nakamotoが優れた論文を書き、そして消えた。
革命的な通貨が生まれ、暗号化技術がうまく使われた。
こうしたフィクションのようなストーリーによってビットコインは人々を引きつけた。

ストーリーが若者や活動的な人を掻き立て、それが(ビットコイン)市場を駆り立てている。
ファンダメンタルズじゃないんだ。
ビットコインでは、ファンダメンタルズは大切じゃないんだ。

もしもビットコインにアンカーとなるファンダメンタルズがあるなら、それが下支えして価値が安定するだろう。
しかし、ビットコインをアンカーするのはマイニングで費消された電気代などのコストだ。
これは、マイニングされて少し時間が経てば忘れられてしまう。
一たび下げに転じると、墜ちるナイフのようになりかねない。

では、ビットコインの持つ革命的な決済機能をどう評価すればいいのだろうか。

「ビットコインに対する熱狂は、直接の用途の割合を少しはみ出しているのではないか。」

シラー教授は、革新的なフィンテックとしてのビットコインの価値を認めつつも、それが現状の価値を正当化できているかについては疑問を呈している。
教授はチリの代替通貨ウニダ・デ・フォメント(UF)にも言及した。
インフレの影響を受けないように設計された通貨であり、ペソではインフレが進むのに対し、UFの価値は極めて安定している。
教授はUFについて、価値が安定しているがゆえに熱狂もバブルも引き起こさなかったと指摘する。
裏を返せば、ビットコインの熱狂の理由が価値の変動の大きさにあることを言いたいのだろう。
それはすなわち、ビットコインの価値の大半が投機熱によるものであることを示唆する。

「ビットコインのバブルにまだ乗っかり続けるのも可能かもしれない。
しかし、他の(仮想)通貨、他のアイデアがビットコインを侵食するかもしれない。
リスキーだ。」