ロバート・シラー:「心配ない」は心配なしるし

Share

資産価格の実証的研究で2013年ノーベル経済学賞を受賞したロバート・シラー教授が、大恐慌直前と現在の間の市場心理の違いを説明している。
さまざま異なる点があるとは言え、割高な市場に一点賭けする必要はなく、分散投資を考えるよう促している。


The full interview with Robert Shiller on market psychology, bitcoin and more from CNBC.

「(CAPEレシオで見て)欧州は概して安い。
英国も安い。
偉大な国々だ。
どうして、米国だけに投資するんだ?」

シラー教授はCNBCで高値圏にある米市場への危機感を滲ませた。
米国は主要26か国の中でCAPEレシオが最も高い。
米国株のCAPEは大恐慌前の1929年と同水準にある。

Robert Shiller教授によるCAPEレシオ
Robert Shiller教授によるCAPEレシオ

シラー教授はマーケット・タイミングが至難の業であることも理解している。
つまり、割高な米市場でもまだ上昇する可能性を残している。

「私は今が健全だとは思わない。
私は今の状態を肥満と呼んでいる。
しかし、肥満した人の中にも100歳まで生きる人はいるから、(続くのかどうかは)誰にもわからない。

世界一高い市場を人々に進めたくはないのだが、米国株から完全に手を引けとも勧めたくない。」

熱狂と懸念

シラー教授に迷いが見えるのは、マーケット・タイミングの話だけではない。
現在の米市場が極めて高水準にあるにもかかわらず、市場心理は過去のバブルとまったく異なっているのだ。

「1929年に遡ると、市場の狂気に対する緊張感で溢れていた。
ほとんどの新聞記事は『心配するな、すべて大丈夫だ』と書いていた。
どうしてそんな記事が書かれたかと言えば、みんなが心配していたからだ。」

人々は当時、金融市場でギャンブルに興じていた。
好景気・株高に水を差したくないがために、クーリッジ政権は景気・市場を煽るような政策を続けていた。
証券規制がまだ整備されていなかった時代、株式購入代金の9割を借金で賄う例もあったという。
こうした過熱は現在では(規制上も)起こりえない。

これだけ市場心理において相違があるのに、米国株は高い。

「バークレーによれば、米国株のCAPEレシオは26か国中最高だ。
We are No1.、最高の国だ。」

(次ページ: CAPEレシオで見た有望市場)