ラグラム・ラジャン:FRBは正しいと思うことをする

ラグラム・ラジャン

前RBI総裁ラグラム・ラジャン シカゴ大学教授が、FRBの金融政策について予想した。
FRBは適切に利上げを進めるとし、それが他国の金融緩和を縮小させるという。

ラジャン教授はBloombergで、FRB利上げの世界経済への波及について語った。
FRBが利上げを進めていけば、諸外国の中央銀行が大規模な金融緩和を継続しなければならないプレッシャーは和らぐという。

「米ドル高が続くと予想されており、それはFRBが先鞭をつけて金融政策の正常化に取り組むことと擦り合っている。」

もちろん利上げや米ドル高は米経済にとって冷水を浴びせる。
しかし、ラジャン教授は、トランプ次期大統領が公約した財政政策で相殺されると予想する。
つまり、利上げや米ドル高は悪影響を及ぼさないが、同様に財政政策にも多くを望みにくいことになる。

金融引き締めは常に多くの反対を受ける。
中央銀行の独立性が揺らげば、中央銀行は政治におもねる政策、つまり金融緩和を長く引きずることになりかねない。
市場で予想されるように、世界経済がインフレ気味に振れるのなら、中央銀行は過度なインフレを防止するという本来のミッションを再開しなければならない。
ポピュリズムはいつの世にもあり、中央銀行がそれに屈しないためには、中央銀行の独立性は不可欠だ。
これはラジャン教授がRBI(インドの中央銀行)総裁として戦ってきたテーマである。

ラジャン教授は、FRBに関する限り、そこに懸念材料はないと語る。

「FRBが作り上げた伝統を見る限り、FRBは政治的意見に屈するのでなく、正しいと思うことを行うだろう。」

米経済でインフレ圧力が強まりつつあるという認識は(程度の差こそあれ)コンセンサスだろう。
意見が割れるのは、それにFRBが適切に対応できるのかという点だ。
ラジャン教授が言うようにFRBが適切に対処するなら、インフレ圧力が強まるだけ金利は上昇するだろう。
結果、インフレがマイルドな範囲に収まる一方、資産価格の上昇が緩やかな軌道にとどまるかもしれない。
逆に、FRBが十分に利上げできないなら、インフレが昂進、資産価格も高騰し、後に調整するという荒っぽい展開になるかもしれない。