ピーター・シフ

ピーター・シフ:ビットコイン vs 金

Share

ビットコインの価格が金価格を上回ったと世間で注目を浴びている。
これに先立ち先月、CNBCで「ビットコイン・バグ vs ゴールド・バグ」と題した討論が行われた。

「ビットコインはデジタル・ゴールドじゃない。
デジタルな愚か者のゴールドだ。
今日のビットコインは明日のビーニー・ベイビーズだ。」

Euro Pacific CapitalのPeter Schiff氏はかつて一世を風靡した後誰も顧みなくなったぬいぐるみにビットコインを喩えた。
ビットコインは価値を保存するものではなく、潜在的に交換手段とはなりえても、現状そうなってはいないと述べた。
商店が受け入れているのはビットコインではなくBitPayであり、商店は価格をビットコイン建てではなくドル建てで設定している点を指摘した。

「単なる投機的資産だ。」

これがこのボラティリティの高い資産に対するシフ氏の結論だ。

いつもは過剰な攻撃性を示すシフ氏だが、この日の相手はより攻撃的だった。
めずらしくシフ氏に同情したくなる場面であった。
事実関係や事実の捉え方が難しい議論だった。
通貨の定義うんぬんや有用性には様々な観点があり、様々な価値観があることを思い知らされる。
先進国の不換紙幣の価値が疑われる中、手探りの議論はまだまだ続きそうだ。