バイロン・ウィーン:市場は調整が入る

Share

Blackstone Advisory PartnersのByron R. Wien氏が、米株式市場の調整入りを予想した。
年末に向けての株価上昇予想は継続するものの、いったん調整が入るとの見方だ。

「市場が調整入りした。」

ウィーン氏はCNBCで、調整入りの理由を解説している。
成長志向の政策実行への期待がトランプ・ラリーを支えてきたと指摘。
しかし、トランプ大統領が現在苦戦しているオバマ・ケア代替法案は、そうした成長戦略ではない。
ウィーン氏は、優先順位の取り方が違うと語る。

「オバマ・ケア代替法案に注力したのは明らかに誤りだ。
オバマ元大統領も同じ誤りをした。
オバマは、2008-09年の不況後、雇用創出に注力すべきだった。」

トランプ大統領がヘルスケア法案で頓挫するようなら、成長戦略として市場が最も期待する減税の実現性も揺らぐとウィーン氏は語る。
トランプ大統領は成長率4%を約束したが、成長戦略の実行なしには3%にも達しないだろうという。

「3%は市場が信じている水準であり、だから市場は調整する。
トランプの公約の法制化が進まないために、市場は調整するのだ。」

ウィーン氏は、年末S&P 500で2,500を予想していた。
(23日終値は2,345.96)
今回調整が入っても、この予想が脅かされることはないだろうという。
ヘルスケア法案も減税法案も最終的には何かの形で通過すると予想されるからだ。
調整は入るが、上昇は続くとの見通しだ。