デニス・ガートマン:原油持ち直しは一時的

Share

コモディティ王デニス・ガートマン氏が、やや持ち直したかに見える原油相場についてコメントした。
最近の回復は一時的なものにすぎないとして、長期弱気予想を継続した。

「市場は上昇するだろうし、今日も上げている。
過去4-5日は上げてきた。
これはただのデット・キャット・バウンスにすぎない。」

ガートマン氏は28日、原油価格の上昇についてCNBCでこう語った。
この日の上げはガソリン在庫の統計が発表されたことへの反応。
在庫量が予想を下回り買われたのだ。

こうした統計もガートマン氏の長期予想からすれば取るに足りないノイズにすぎない。
原油市場には深刻な問題が存在すると考えているからだ。

「私は、サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン副皇太子(ママ)と同意見だ。
彼は、原油が今後20-30年で大きく価値を失うと考えている。」