ケネス・ロゴフ:何かの拍子に金利が上昇すれば・・・

Share

国家は破綻する』の著書で世界各国の財政政策に大きな影響を与えたハーバード大学 Kenneth Rogoff教授が、世界債務危機の再発を心配している。
引き金を引きうるのは今や中国だけではないという。

「もしも何かがあって金利が上昇すれば、多くの脆弱なところ、債務が積み上がったところが問題化してしまう。」

ロゴフ教授はBBCのインタビューで世界債務危機再発の可能性を指摘した。
歴史的な低金利が長く続く中、家計も企業もそれに慣れきってしまい債務を拡大させてきた。
教授は、世界の個人・企業が債務レベルを増大させている点を問題視している。
とりわけ中国の債務問題について教授は早くから注意を喚起してきた。
しかし、最近注意すべきは中国だけではなくなっている。

「ホワイト・ハウスや米国がひどく分別のないことをしでかすのがリスクだ。
大げさかもしれないが、私たちはみんな息を飲んで見守っているんだ。」

新政権スタートとともに、自国 米国の先行きが怪しくなってきたのだ。
リーマン危機への反省で強化された金融規制の緩和、保護主義、財源なき減税・インフラ支出、・・・

ポピュリズムとは皮肉なものだ。
リーマン危機によって割を食った世代がいる。
高額の学生ローンを抱え、いい就職先がない。
こうした不遇に対する不満がトランプ政権を誕生させる一因となった。
しかし、その政権が金融危機を誘発させかねない、格差拡大を悪化させかねない政策を進めようとしている。

「クラッシュ(リーマン危機)は、世界で今起こっているポピュリズムの台頭を大きく増幅したのだろう。
クラッシュがなければ、ドナルド・トランプが米大統領になることはなかったはずだ。」