ケネス・ロゴフ:中国の不況は外国にうつる

Share

Kenneth Rogoffハーバード大学教授が、中国発の不況伝播のリスクに言及した。
経済成長と信用拡大は裏腹の関係にあり、ハードランディング回避の可否は双方のペースの兼ね合いによるという。

「世界の中ですべての国に影響を及ぼしえ、脆弱な国とは、今日の中国のことだ。
地域全体が中国に依存している。
だから、中国の不況は諸外国に伝播すると確信している。」

ロゴフ教授がCNBCで、経済成長鈍化と債務膨張に苦戦する中国のリスクを語った。
中国が外需依存の経済から内需・消費主導の経済へと進化を図ろうとしていることに触れ、それだけに以前のような高い経済成長率を維持するのは困難になると指摘した。
さらに、高成長を維持しようとすれば、信用拡大を抑え込むのが難しくなる。
信用拡大で生まれた膨大な債務が持続不可能となってハードランディングに向かうことが恐れられている。
ただし、結末は予見できない。

「中国はさまざまな信用問題を吸収する力がある。
ある意味、民間セクターは政府の殻をかぶっているからだ。
しかし、それも信用拡大のペースによる。」

中国政府は経済成長の維持と信用拡大の制御という相反する課題に立ち向かっている。
さじ加減が難しく、誰も正解など教えてくれない。
しかし、可能性は意外なところにも存在するようだ。

「信用拡大が鈍化すれば、経済成長も鈍化する。
だから、経済成長が急速に鈍化したからといって、必ずデフォルトが続出するとは限らない。」

中国がハードランディングを避ける方法は、信用拡大を制御することではなく、ほどよい成長鈍化を誘導することにあるのかもしれない。