クリストファー・シムズ

クリストファー・シムズ:FTPLは期待を醸成できれば・・・

Share

物価水準の財政理論(FTPL)で注目を浴びているクリストファー・シムズ教授が、Reutersのインタビューに応じている。
その提案には実際の適用上いくつもの飛躍があり、いまだ俎上に上るようなものには仕上がっていない。

インタビューの内容は既報のものとほぼ同様、より詳細になっている。
シムズ教授の提案は、ゼロ金利制約によって金融政策の効果が発揮できない中、財政政策を協調的に活用しながら、国民・市場の期待を誘導することでインフレが実現できるというもの。
全貌がほぼ明らかになり、問題点も明らかになってきた。
既報分と重複になるが、ここでは問題点を挙げておこう。

都合よく期待は誘導できるか?

シムズ教授は、期待の醸成のために「2%インフレ目標の持続的な達成が視野に入るまでは、増税は行わず、財政拡大政策を続けると宣言すること」を提案する。
しかし、異次元緩和でも《目標達成までやり続ける》との宣言があったが、インフレ期待は十分に高まらなかった。
インフレ期待さえ醸成されていれば、量的緩和はゼロ金利下でも効くはずだったのだ。
金融政策での期待醸成がダメだったから財政政策で期待を醸成すると言うなら、教授の説明は少々荒っぽすぎる。
これで納得する人がどれだけいるのだろうか。

インフレが高まりすぎないか?

シムズ教授は、「われわれは、金融引き締め策をどう適用すれば良いかを知っている」とし、「中銀の大きなバランスシートと準備預金の金利は、非常にパワフルな金融引き締めのツールとなる」と言っている。
後者はおそらく預金準備率の極端な引上げと付利引上げの併用のことを言っているのだろう。
しかし、この重大な懸念に対して、たったこれだけの言及ですまされるはずがない。
既報でも紹介したとおり、シムズ教授が例として挙げたボルカー・ショックの時代とは、短期の政策金利が20%となった時代だ。

米CPI(総合、都市部、青)と実効FF金利(赤)
米CPI(総合、都市部、青)と実効FF金利(赤)

これをセーフと考えるのは難しい。
また、中央銀行のバランスシート拡大について、教授は「独立性を危険にさら」したり、「財政に与えるインパクトを大きくするリスク」を指摘している。
すでに、各国中央銀行は以前の中央銀行ではないのだ。

米マネタリー・ベース
米マネタリー・ベース

ボルカーFRB議長(当時)は直面した高インフレに対し勇気ある対応をし、インフレを封じ込めたと言えるだろう。
それを成功として認めるとしても、同じことが不連続に大きく膨張した中央銀行のバランスシートでも再現できるのだろうか。
「パワフル」なのは間違いないが、いい方にも悪い方にもパワフルになるであろうことを覚悟しなければならない。

(次ページ: 本当のリスクは・・・)