ガンドラック:時代は変わる

Share

19-20日のFOMCを控えて、新債券王ことDoubleline CapitalのJeffrey Gundlach氏が意味深なツイートをしている。
FRBはバランスシート縮小を決定するものと予想され、実現すれば市場や経済は大きな転換点を迎える可能性がある。

「2017年に米10年債利回りが1.5%になると言っていた人たちはみんなどこにいったんだ?
2017年はドル高の年と言っていた人たちはみんなどこにいったんだ?
時代は変わる。(The times, they are a-changin’)
見逃すな。」

FOMCの前夜、ガンドラック氏はツイッターでこうつぶやいた。
同氏は年初、行き過ぎた金利低下予想を退ける一方でドル安を予想して、概ね当ててきた。
ガンドラック氏の今年の主な予想でまだ的中していないのは米国株の調整だけだ。
同氏は米国株の調整を夏場と見ていたが、これは実現していない。
しかし、FRBが金融政策の正常化を進めるなら、少し遅れて実現する可能性もなくはない。

米10年債利回り(青、左)と米ドルの実効為替レート(赤、右)
米10年債利回り(青、左)と米ドルの実効為替レート(赤、右)

ガンドラック氏がツイートで触れた『時代は変わる』はボブ・ディランが1963年に作った曲。
1961年のケネディ大統領誕生に触発され、新たな時代の到来を歌った名曲だ。
歌詞には刺激的なフレーズが並ぶ。

「・・・
あなたの時代が守るに足るものなら、泳ぎ始めた方がいい。
さもないと、時代の変化によって石のように沈んでしまう。
・・・
目を見開け。
チャンスは二度と来ない。
急ぎ過ぎてもいけない。
・・・

・・・
今遅いものは後に速くなる。
今は現在でも後には過去になる。
秩序は急激に失われ、今は一番のものが後には最後になる。
時代が変わるからだ。」