エラリアン:上昇ずみの市場での投資戦略

独Allianz首席経済アドバイザーMohamed El-Erian氏が、米株式市場と債券市場について性質の違いを解説している。
すでに高値にある株式市場でとるべき戦略を語っている。

「わからないよ!」

このところ米株式市場と米債券市場が異なる動きを見せるのはなぜかと尋ねられ、エラリアン氏は答えた。
株式市場は状況を楽観しているようだが、債券市場は警戒し慎重に振舞っている。
株式市場は最近わずかに調整したとは言え、金利上昇を跳ね返して依然、史上最高値圏にある。
米長期金利は上昇基調に乗ったかに見えたが、再び低下をうかがっているようにも見える。

S&P 500指数と米長期金利

「債券市場は概して、より経済見通しを気にし、ニュースに敏感だ。
ここまでのところは株式市場が正しかったように見え、債券市場は上下動を繰り返した。
いつまで続くかはわからない。」

エラリアン氏は、こうした現象の一因として、債券市場の方が欧州など外国市場からの資金流入の影響を受けやすい点を指摘している。
かつて、世界一(当時)の債券ファンドPIMCOを率いたエラリアン氏は、市場の性質をこう総括している。

「一般論で言えば、債券市場はマクロ経済に、株式市場は個々の企業の(エクイティ)ストーリーに動かされる。」

「政策は重要だ。
(市場の)バリュエーションを見れば、成長率改善、インフレ上昇、企業収益拡大が必要だ。」

今後の市場を見通す上で、政策の要因は重要かと尋ねられ、エラリアン氏は力強く答えた。
エラリアン氏は、現状の株価水準が割高になりうると見ている。
成長率・インフレ・企業収益は、政策の後押しなしには、株価に織り込まれた改善を実現できないと考えているのだ。

エラリアン氏は、テクニカル面での理由から株式市場がしばらく現実から乖離してきたという。
過剰な流動性が市場に存在したため、人々はリスク・テイクを強いられてきたのだ。
では、すでに押し上げられてしまった株式市場で何をやるべきか。
エラリアン氏の答はこうだ。

「いま手掛けるべきトレードは、出遅れたセクターであろう。」