エラリアン:ファンダメンタルズがついてこない

Share

独Allianz首席経済アドバイザーMohamed El-Erian氏が、米市場を押し上げている流動性トレードについてコメントしている。
流動性トレードの持続可能性はファンダメンタルズ次第であり、ファンダメンタルズは政治次第だという。

「資産価格は有意に経済・企業のファンダメンタルズから乖離しているのに、あまりにも多くのトレーダーや投資家がポートフォリオの配分変更をためらっている。
中央銀行の政策変更のあいまいで一般化された話が機能するのかを見守っているのだ。
そのため、押し目買いをという考えが市場心理に深く浸透し、流動性トレードがとても盛んになっている。」

エラリアン氏はETに対して現状の市場心理をこう説明した。
極めて長い間、市場は中央銀行によって押し上げられてきた。
政策金利はほぼゼロ、さまざまなリスク・プレミアムも押しつぶされ、さらには市場のボラティリティまで押し下げられてきた。
こうした市場に流動性が供給されればどういうことが起こるか、自明の展開であった。

ところが、そうした前提が変化しつつある。
米FRBは利上げを進め、バランスシート縮小さえ着手しようとしている。
欧ECBはテーパリングをもくろむ。
日銀はまだまだ緩和への情熱を持ち続けているが、量的緩和という点では意図せざるテーパリングが実現している。

いつまで流動性トレードが続くかについて、エラリアン氏は時期を予想するのは難しいと語る。
流動性トレードで資産価格が上昇を続けるには、取り残されたファンダメンタルズが追いついてくることが必要だ。
そのためには過度な金融政策依存をあらため、バランスのとれた政策手段のミックスが必要とエラリアン氏は語る。
一方で、先進国の多くで政治の機能が万全とは言えない状況にある。

新興国市場のアウトパフォームは今後も継続可能かと尋ねられると、エラリアン氏はこれも新興国や欧米の政治次第だという。

「いいタイミングで適切な政策ミックスが講じられると信じるのでなければ、米ドル・リスクを減らすことも検討すべきだ。
特に株やハイ・イールド債などのリスク資産へのエクスポージャーを減らすことだ。
そして、残りのエクスポージャーを新興国市場など比較的アンダーパフォームしてきたセグメントに集中するんだ。」