エラリアン:とても混乱した世界だ

Share

独Allianz首席経済アドバイザーMohamed El-Erian氏が、米国株市場について丁寧に分析している。
この先ボラティリティの上昇が予想されるとし、すでに大きく下げている新興国市場に目を向けるよう勧めている。

エラリアン氏の話がわかりやすいのは、何といっても箇条書きを多用してくれるからだ。
この日もCNBCで、主要ポイントを挙げながら市場動向を説明していた。

米市場を押し上げる3つの要因

エラリアン氏は株式市場を上昇させる強力な要因を3つ挙げた:

  • 世界で好調な経済統計が出ていること
  • キャッシュが継続的に市場に還流すること(M&A、自己株買い)
  • トランプ大統領の成長志向の発言が政策として具体化するとの期待

ドル高・政治が逆風に

上記3つの上昇要因が満たされたとしても、米市場は2つの向かい風にさらされるとエラリアン氏は指摘する。

  • さらなるドル高
    「もしも米市場がアウトパフォームすれば(そうなりそうだ)、もしもFRBが今年2-3回利上げしたら(そうなりそうだ)、ドルは上がり続け、これが逆風になる。」
  • 政治
    「来週の一般教書演説に注目しろ。
    市場は税制改正・規制緩和・インフラ支出に関して、議会がどう動くか詳しく知りたがっている。」

(次ページ: ボラティリティ上昇の局面に)