【短信】ポール・シンガー、バフェットを下す

Share

テキサスの送電会社Oncorを巡る争奪戦はポール・シンガー氏のエリオット・マネジメントが勝利を収めた。
いったんはオンコー買収で合意していたウォーレン・バフェット氏率いるバークシャー・ハザウェイだが、買収価格を引き上げるのを見送り、買収は空振りに終わった。

バークシャーはオンコー(の親会社)を90億ドルで買収することで合意していた。
その買収額が低いと見たのがシンガー氏のエリオットだ。
エリオットは持株会社の債権を買うことで、債権者として企業売却にかかわるキャスティング・ボートを握ったのだ。
オンコーの持株会社は破産法適用会社であり、債権者の意向は絶大だ。

Reutersによれば、持株会社はバークシャーによる買収を白紙に戻し、より高い買収対価を呈示していたSempra Energyの買収提案を受け入れる。
同提案については、エリオットも支持する見込みだという。