【短信】バフェット、SB子会社スプリントへ出資か

Share

ソフトバンクが買収した米携帯キャリア大手スプリントに対してウォーレン・バフェット氏やジョン・マローン氏が出資を検討しているとBloombergが伝えた。
匿名の関係者の話として、ソフトバンクグループ社長とスプリント会長を兼ねる孫正義氏が米アイダホ州にて両氏と個々に会談を持ったと報じられた。

ソフトバンクのスプリントへの持ち分は83%。
低金利の中、デット・ファイナンスにより買収資金を賄ってきたが、第3者からの出資を受け入れることで(持ち分の一定の希薄化を容認し)レバレッジを軽減する狙い。
スプリントの時価総額は金曜日終値で341億ドル(約3.8兆円)。
バフェット氏は100-200億ドル(約1.1-2.2兆円)の出資を検討しているという。

WSJによる第一報で、金曜日のスプリント株は一時8%超上昇し、終値では4.27%の値上がり。
スプリントによる買収観測が語られるTモバイルUS株価も一時1.3%超の値上がりとなった。