【書評】預金封鎖に備えよ

小黒一正 法政大学教授による日本財政に関する本。
少々下卑たタイトルが目を引くが、実は硬軟織り交ぜた書きぶりになっている。

「異次元緩和とマイナス金利政策により、財政規律の緩みを含め、悪化に拍車がかかっています。
さらに消費税増税まで延期され、財政再建のめどはまったく立たなくなりました。」

元財務官僚らしいこうした危機感から書かれた本だ。
著者のスタンスは、金融・財政政策ともにタカ派。
今日本で起こっていることを経済の入門書レベルのロジックを用いて説明している。
原則にそって実際の現象を解き明かそうという姿勢は共感する一方、ロジックにやや単純すぎると感じられるところもある。
例えば、一部にマネタリスト的な説明がされているところがあり、初心者がこれでスッと理解できるかは疑問符がつく。
ただし、それは大きな問題ではない。

預金封鎖、新円切り替え、財産税

この本の最大の特徴は、なんと言ってもタイトルにあるように預金封鎖、通貨切り替え財産税、ハイパーインフレなどを真面目に論じている点だろう。
FPでは再三取り上げているテーマではあるが、同時に扱いに用心すべきテーマでもある。
こうしたテーマで噴飯ものの議論をしている書籍・ウェブサイトは無数にある。
逆に真面目に議論している人からするとタブー的なテーマとなっているのだ。

(次ページ: 戦後日本が債務を減らせたワケ)